第1回学校運営協議会+50周年記念事業協賛会設立総会

f:id:coco-kala:20211112200011j:image

息子が今年3月に卒業した小学校で

コミュニティスクールが始まり、

本日、第1回学校運営協議会が開催されました。

10名の運営協議会委員のうち、

半数はPTA活動や読み聞かせ、家庭教育学級で

活動をご一緒しているメンバーとなります。

 

「居場所」には、〝物理的〟な居場所と

〝精神的〟な居場所があります。

 

子ども達にとって学校を含めて地域全体が

〝精神的〟な居場所になれれば、

プラスの感情が沢山経験できる居場所になれれば、

本当の意味で、心の郷土(ふるさと)に

なるのかなと思います。

 

更に来年は小学校の50周年記念事業が開催されます。

50年前と比べて周りの環境はかなり変化したようです。

夫が子どもの頃は自宅のすぐ裏は川が流れていて

(今は土管の中を通しているそう)、

ヤツメウナギなどもいたらしいです。

とはいえ、学校の裏は、今でも森が残り、

エゾサンショウウオ やエゾモモンガが生息しています。

また旧石器時代(3万年前)の遺跡も発掘されたそう。

時代は変わっても…といっても、急激に変化したのは

この100年ほどのこと…

変わらないもの、変えてはいけないものを見極めつつ、

子ども達の成長を引き続き地域の一員として、

見守っていけたらいいなと思っています。

ナガナワ フミコ

 

 

 

 

 

 

 

 

初顔合わせ:男女平等参画社会を実現するネットワーク北海道

【女性プラザ祭にて初顔合わせができました】

11月11日札幌のかでる2.7にて開催された女性プラザ祭の会場にて、男女平等参画社会を実現するネットワーク北海道の会員の皆様とお会いでき、有意義な情報交換ができました。

f:id:coco-kala:20211112101549j:image

左から事務局長の佐々木香さん(函館)、会長の宇多春美さん(苫小牧)、わたし、十勝アクションネットワーク(通称たねっと)代表の川野貴子さん(帯広)、副会長の阿部実さん(江別)

f:id:coco-kala:20211112101635j:image

↑一瞬マスクを外して

 

女性プラザサポーターの団体登録もさせて頂いたそうです。

北海道立女性プラザは、女性の自立と社会参加を促進するとともに男女平等参画を推進するためのキーステーションです。

 

私も僭越ながらこの「男女平等参画社会を実現するネットワーク北海道」の理事を務めておりまして、ジェンダー平等社会の推進に向けて身近なところから、できることをしていき、発信していけたらと思っています。

 

【男女平等参画社会を実現するネットワーク北海道】

この会は2020(令和2)年12月10日に設立されました。

「男女平等参画社会」を目指すことに賛同する個人・団体及び法人・行政が北海道をネットワークすることにより、情報交換をして相互の連携を諮っていきます。お互いが共に支え合い、責任を担い、一人ひとりが更にエンパワーメントし、人権の視点に留意し、男女平等参画社会の実現を目指すことを目的として設立されました。 
ホームページ:https://network-hokkaido.jimdosite.com

ブログ:https://ameblo.jp/network-hokkaido/

 

ナガナワ フミコ

 

 

第29回柏市男女共同参画フォーラムのお知らせ(2021年11月)

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

こころのケア&エデュサポートcoco-kala ナガナワ フミコです

ブログにお寄り下さり、ありがとうございます

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

アウェア のMLを通して千葉のグループSEC木野麗子さんから情報提供がありましたので、シェアさせて頂きます。

以下情報です↓

【第29回柏市男女共同参画フォーラム11月16.20.23日】
 柏市男女協働参画フォーラムは本年で29回目を迎えます。30年 近く活動を 続けてきましたが、ようやくここ最近になって日本でも「ジェンダ ー平等」という言葉が聞かれるようになったなと感じます。基調講演・分科会ともに、社会の 様々な領域での「ジェンダー平等」について考えていきたいと思います。
 本年の基調講演では、恋バナ収集ユニット桃山商事の清田隆之さん をお迎えし、今どき世代のジェンダー観についてざっくばらんにお話いただ きたいと思います。

日時:2021年11月16日(火) 13:30〜15:00 第1分科会
           20日(土) 13:00〜14:30 基調講演
                14:50〜16:20 第2分科会
        23日(火)   13:00〜15:15 第3分科会

場所:柏市文化・交流施設 

パレット柏(オープンスペース)
   定員(先着):会場30名/オンライン30名程度
20日(土)の基調講演・第2分科会のみオンラインシステムZ OOMにてライブ配 信いたします。(録画配信なし)

費用:無料

お申し込み:受講ご希望の講座

(基調講演/分科会1・2・3)、 氏名、電話番号をご記入の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info-kyds@city.kashiwa.chiba.jp
20日の要約筆記、手話通訳は要申込)
お電話でのお申し込みも受け付けます。

(土日祝日を除く9時〜1 7時まで)
04-7167-1127

柏市男女共同参画センター/柏市協働推進課)

※会場ご参加の際は、新型コロナウィルス感染防止対策のため、マ スクご着用を お願いいたします。また、体調の悪い方はご参加をお控えいただきますようご配慮をお願いいたします。

 

とのことです。

千葉のグループSEC(地域で‘性共育’をつくる会)の木野麗子さんはアウェア のデートDVで繋がっていて、今年、養護教諭によるデートDVシンポジウムの準備で大変お世話になったのです。オンラインの画面越しでもこの活動に対する熱意、温かさ、そして学び続ける真摯な姿勢など、こちらが元気を頂けてエンパワメントされる方です。

必要な方に情報が届きますように…

f:id:coco-kala:20211112222441j:imagef:id:coco-kala:20211112222444j:imagef:id:coco-kala:20211112222448j:image

ナガナワ フミコ

 

 

 

女性に対する暴力防止セミナーin三重(2021年)

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

こころのケア&エデュサポートcoco-kala ナガナワ フミコです

ブログにお寄り下さり、ありがとうございます

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

アウェア のMLから情報提供がありましたので、

シェアさせて頂きます。

 

以下情報です↓

 

女性に対する暴力をなくす運動に合わせて毎年開催している「女性 に対する暴力防止セミナー」のお知らせです。

皆さん「スカートめくり」や「カンチョー」ってどう思いますか?
それは好意の裏返し?困ったいたずら?
子どもだからとほほえましく見過ごしてしまいがちなことですが、 そのいたずらを許していくことが、将来の子どもたちにどんな影響 を与えてしまうのでしょうか。

 

ベストセラー書籍『これからの男の子たちへ』の著者、弁護士の太 田啓子さんを迎えて、今、子どもたちに伝えたいことを一緒に考えてみましょう。

 

・日時:11月23日(火・祝)13:30~15:30
・講師:太田啓子さん(弁護士)『これからの男の子たちへ』著者
・会場:三重県総合文化センター レセプションルームまたはオンライン視聴
・参加費:無料

 

事前申し込みが必要です。
WEB、e-mail、電話、FAX、申込書の郵送及びご持参にて受け付けます。

 

詳細はこちら
https://www.center-mie.or.jp/frente/event/sponsor/detail/38566

f:id:coco-kala:20211109175112j:imagef:id:coco-kala:20211109175116j:image

ナガナワフミコ

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

こころのケア&エデュサポートcoco-kala

cocoは、心・人のつながり、

kalaは、ゆるし・争いの停戦という意味があります

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

 

女性プラザ祭in札幌(2021年11月5日〜14日)

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

こころのケア&エデュサポートcoco-kala

ナガナワ フミコです

ブログにお寄り下さり、ありがとうございます

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

【情報提供】

男女平等参画社会を推進するネットワーク北海道から案内が届きました。

 

現在、札幌で女性プラザ祭が開催されています。

11月5日(金)~14日(日)
会場:女性プラザ
   道民活動センタービル(かでる2.7)

f:id:coco-kala:20211109100619j:imagef:id:coco-kala:20211109100746j:image

ナガナワ フミコ

家庭の中のジェンダー平等

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

こころのケア&エデュサポートcoco-kala

ナガナワ フミコです

ブログにお寄り下さり、ありがとうございます

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・

家庭の中のジェンダー平等

どのくらい進んでいますか?

 

先日とうとう、反旗を翻した私……

 

家事をやっているといっても、

「お手伝い」レベルと

「主体的」レベルとでは大違い!!

 

朝起きてから夜寝るまでの

家事リストをつくって可視化して、

一つ一つの行動をリスト化したら、

何と 170以上!!!!

 

そのうち「お手伝い」レベルの家事も含めて、

夫がやっていることは30にも満たないのに、

 

家事をやっているですって??

 

あなたがやっていることは、

送迎以外は子どもでもできる「お手伝い」レベルです!

 

…というか、洗濯、皿洗い、買い物、ゴミ出し、

ご飯支度の手伝い、野菜の水やり、

このレベルは全て、私は6歳からしていました。

 

弟達のオムツ替え(昔は布オムツ)、玄関掃除、窓拭き、

鍋磨き、掃除機、床の拭き掃除、

シンク・浴室・トイレ掃除…

小学生からしていました。

↑ただし、女の子だから、お姉ちゃんだから

という枕言葉付でした。

 

男女共同参画だからきみも働けばいいよ

ママ働いていいよ

と我が家の男性陣は簡単に言うけれども、

 

フルタイムで働いたら、

がこの家事を主体的にするのですか?

 

家事リストをリビングのテーブルに置き、

さらに

 

私はこれを無償労働しているんです!!

これから一切、私に頼らず、

他からハウスキーパー、家事代行を

雇って下さい!!

 

と。

案の定、次の日、ゴミ出しが出来ていませんでした。

 

玄関のゴミ出しはするけど、ゴミはまとめない。

皿は下げたり、皿を洗うことはしてもシンク掃除はしない。

トイレットペーパーは買ってきても、芯は捨てない。

カーテンは開けるけど、カーテンは洗わない。

 

家事をしているのか、

家事を手伝っているのか、

その違いは大きいよなぁと思います。

 

家事育児介護…

女性が担うことが多いですが、

共働きをしていることが多い現代。

 

言われてお手伝いをするレベルの男性の家事を

見直す時期なんじゃないかしら?

 

ある女性部の70代の方のお話で、

「結婚してから一度も幸せだと思った事がない」

と言われた時、周りの女性達が

「わかる」「うちもだよ」と話が盛り上がり、

私が絶句してしまったことがありました。

同調すれば、次の世代にも同じ末路を

用意してしまうことになります。

 

主体的な家事、女性達がまず、

家で声をあげることからでしょうね。

 

朝起きてから寝るまでの家事リスト 、

どれだけのことを女性達は当たり前のように

主体的にこなしているか、

 

育児(年齢によっても違ってきます)介護が重なったら

主体的に家事をしている女性の家事に

どれだけの負担がかかるか、

 

男性陣も可視化されたリストをみたら

意識が変わるのでは?と思います。

 

f:id:coco-kala:20211121100917p:image

ナガナワフミコ

 

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

こころのケア&エデュサポートcoco-kala

cocoは、心・人のつながり、

kalaは、ゆるし・争いの停戦という意味があります

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

11月の季節の飾付〜小学校の絵本の読み聞かせボランティア(2021年)

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

こころのケア&エデュサポートcoco-kala ナガナワ フミコです

ブログにお寄り下さり、ありがとうございます

*:.・・:*:.・∞*・*:∞*・:*:.・・:*:.・∞*・:*:.・・:*:.・∞*・ 

本日は小学校の絵本の読み聞かせボランティアの日でした。

 

ボランティアの保護者・OBの皆さんと手分けして図書室窓、図書室壁と高学年が通る廊下壁に毎月、季節の飾り付けをしています。

 

飾付のテーマは、今年5月に91歳で亡くなられたエリック=カール氏の紹介。

f:id:coco-kala:20211104225022j:image

色の魔術師と呼ばれ、代表作の「はらぺこあおむし」は子ども達にも大人気。

昨年、小学校で大好きな絵本のアンケートをとった結果、第5位に入りました。

 

大型折り紙で作って下さった「はらぺこあおむし」は見応えあります(足まであるのです)!

 

小さな「はらぺこあおむし」は以前作ったものですが、クネクネして癒されグッズに近いです😊

 

作って下さった 動物(ゴリラ)と同じポーズ、できるかな?は、早速、子どもがこの本知ってる!と教えてくれました。

 

実は日本と非常にゆかりのあるエリック=カールさん。「はらぺこあおむし」を出版するにあたり、穴あきの製本にこだわったため、アメリカでは製本するのが難しく、初版本は日本で印刷・製本されたという経緯があります。

 

エリック=カールさんのコラージュは、魅力的。

子ども達にもクリエイティブな発想脳のゾーンが広がっていくといいなと思います。

 

ナガナワフミコ